Shape-labで2018年に開催した「足部・足関節の評価と介入」セミナー資料となります。

スライドは全部で82枚。

 

閲覧用:1ページ2枚のスライドで41ページ
(*コピー・印刷不可)

印刷用:1ページ6枚のスライドで14ページ

(*印刷可)

 

こちらの商品を購入されますと、閲覧用と印刷用どちらも入手することができます。

 

*購入後、PDFに記載されたURLをクリックすることで、閲覧用・印刷用をそれぞれ閲覧することができます。

*こちらからセミナー冒頭の動画が閲覧することができます。
・YouTube(7分19秒) https://youtu.be/dZlrJk8sw30

 

▶︎内容
 

□解剖

・骨のランドマーク

・外在筋

・内在筋

・靭帯

 

□運動学

・前足部横アーチの低下メカニズム

・荷重位置と骨盤の関係

・足部が下肢に与える影響

・胸郭の動き?

・胸郭後弯の問題は?

 

□姿勢評価

・足部の形状(足のサイズ、アーチ、指の向き)

・後足部・中足部・前足部の傾き

・脛骨(水平面、前額面)

 

□動作評価

・膝関節(外旋・内旋)

・足関節(底屈、背屈、回内、回外)

・足趾(MP関節、動かせるか?)

・シングルレッグ・カーフレイズ/スタンス)

・シングルレッグスクワット/スクワット

 

□リリース

・関節へのアプローチ

 (MP関節、リスフラン関節、ショパール関節)

 (脛骨大腿関節、脛腓関節、距腿関節、距骨下関節)  

・筋肉へのアプローチ

 

□コレクティブエクササイズ

足部・足関節の評価と介入(ver.1)

¥550価格
  • 足部・足関節の評価と介入セミナー資料

    ・閲覧用

    ・印刷用

    *PDF形式

©2017 by Shape-lab Okamura Taisei