Shape-labで開催している「姿勢評価と分析〜なぜ姿勢は乱れるのか?〜」セミナーの資料となります。

スライドは全部で135枚。

 

閲覧用は1ページ2枚のスライドで68ページ
(*コピー・印刷不可)スライドで23ページ

(*印刷可)

 

こちらの商品を購入されますと、閲覧用と印刷用どちらも入手することができます。

 

*購入後、PDFに記載されたURLをクリックすることで、閲覧用・印刷用をそれぞれ閲覧することができます。

 

 

【内容】
□理論
・原因は何?

・脊柱アライメントの基準値

・身体に起きている変化 → 原因?

・どのような戦略で身体を支えている?

・組織はなぜ変化をするのか?

・筋長は変化をする

・可動性と安定性どちらが大切?

・座位姿勢の違いによる体幹筋活動の変化

・胸郭と足部の関係(後弯の場合)

・運動連鎖と姿勢の関係は?

・どこで荷重をしているか?

・立脚期における筋張力の低下とその代償効果

・立位姿勢を制御しているのは?(視覚、前庭感覚、体性感覚)

 

□評価
・なぜ評価を行うのか?評価を行う理由

・評価のやり方

・姿勢評価のやり方(例)

・注意点

・前額面の評価 ・矢状面の評価

・膝関節の評価(矢状面)

・脊柱の評価

・前額面の評価② 、矢状面の評価②

・胸郭の構造、評価

・肩甲骨のランドマーク 、肩甲骨の評価

・腕の評価

・頭部の評価

・骨盤の男女差、骨盤の構造、ランドマーク 、骨盤の評価

・大腿骨の構造 、大腿骨の評価 ・頸体角と前捻角 ・前捻角チェック法

・膝関節の構造 、膝関節の評価 、脛腓関節の運動連鎖 、脛骨の評価

・脚の評価 ・Qアングル

・足関節の歪み ・後足部の評価

・水平面の評価

 

□分析

 

□介入

・視覚、前庭感覚、体性感覚

姿勢評価と分析

¥550価格
  • 姿勢評価と分析セミナー資料

    ・閲覧用

    ・印刷用

    *PDF形式

 
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • YouTubeの
  • Twitterの社会のアイコン
  • メール

©2021 by Shape-lab