​下半身のエクササイズとストレッチ

 

 エクササイズと聞くと、筋肉を考えがちですが、筋肉以外の要素も考慮し、指導する必要があります。例えば、重心をつま先側にかけるのか、踵側にかけるのかで、身体の動きに大きな違いをうみます。

些細な差ですが、発揮する力の差をうみます。

本セミナーでは、なぜエクササイズを行うのか?問題は何か?運動学習・エクササイズの理論を考察し、骨盤帯・股関節・膝関節の問題に対して適切な、エクササイズプログラムの立案・実践(パートナーストレッチを含む)修正方法、プログレッション・リグレッションなど、目的にあわせた身体の最適な動かし方・力の入れ方・抜き方を実技中心にご紹介していきます。

【内容】

 

○トレーニングの歴史

○運動学習とは?

○問題は何?

○エクササイズの原理原則

○エクササイズ(バリエーション・プログレッション・リグレッション)

・股関節のエクササイズ(背臥位、腹臥位、横臥位、四つん這い位、膝立位、片膝位)

・スクワットのバリエーション(スタンス、深さ、方向など)

・デッドリフトのバリエーション(スタンス、関節の関与など)

・ランジのバリエーション(スタンス、深さ、方向など)

・シングルレッグのバリエーション

 

○下半身のパートナーストレッチ

・大殿筋、中殿筋、長内転筋、大内転筋

・薄筋、ハムストリングス、大腿筋膜張筋

・縫工筋、恥骨筋、短内転筋、腸腰筋

・大腿直筋、外側広筋、内側広筋、外旋六筋

・腓腹筋、腓骨筋、前脛骨筋、長趾伸筋、長母趾伸筋

・ヒラメ筋、長母指屈筋、長趾屈筋、後脛骨筋

 

これらを学ぶことで、クライアントに最適なエクササイズプログラム作成・修正方法を、エクササイズを行う意味を理解することができます。

ご縁のある方、ご参加お待ちしております。

下半身のエクササイズとストレッチ

​¥12,000(税込)

©2017 by Shape-lab Okamura Taisei